ラットエンジニアリングの作業日誌


自転車、部品の自作レポート
by rat-eng
リンク
フォロー中のブログ
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月

<   2007年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ミニチュア自転車の作り方(2) 検討図面

縮尺は1/5スケールなので検討図面も1/5で書いて、それに合わせながら作っていきます。イメージを確認するためのモデルですので、「こんな感じでどうかなあ、、、」などと目見当で作ってしまうことも多いです。
e0105001_1005671.jpg

ここで実際に作ってみる自転車テーマとしてダルマ自転車を選んでみました。昔の大きな車輪サイズは現実的ではありませんから、前輪を18インチに設定しています。CAD図面での検討が一般的とは思いますが、手書き図面にしてみました。
まずは紙の上でレイアウトを考えていきます。
[PR]
by rat-eng | 2007-08-25 10:01 | Comments(0)

ミニチュア自転車の作り方(1) フレーム材料

「ラットエンジニアリングの作業日誌」で作っている自転車の縮尺モデルの製作を書いてみます。
ラットエンジニアリングのミニチュア自転車は実物の自転車を製作する前に検討用に作っているものです。複数の製作案があるときに、立体的なカタチにしてながめてみたり、人に見せて検討案を説明するためのモデルです。
細かく精巧に作ってみても、それなりに手間やお金がかかりますので、凝りすぎないように手早く作ります。雰囲気がイメージできればOKとしています。

フレーム材料としてはミガキの鉄丸棒3 4 5 6 7 8 10ミリくらいです。鉄のスポークなども利用できますね。
自転車キャリアの製作などでも使う細い鉄パイプ6 7 8ミリくらいがあれば便利です。
e0105001_15453532.jpg

この(ミニチュア)自転車フレーム製作では一般向けとしてカートリッジタイプのガストーチを使ってみます。
e0105001_15441690.jpg

ハードな自転車製作はホームページの方にやらせておいて、こちらではライト感覚な自転車製作、、、「ミニ天丼が付いてます」みたいな感じでしょうか??
[PR]
by rat-eng | 2007-08-22 15:46 | Comments(2)

サイクリングの耐熱温度

このところ発表もされている気温は36度とか37度くらいになっています。だいたいこんな気温なので慣れてきましたが、サイクリングはやめておいた方がいいでしょう。

コンクリの上で測ったらこの温度です。この寒暖計は50度までなので、9目盛り残っています。
e0105001_14302032.jpg

[PR]
by rat-eng | 2007-08-14 14:30 | サイクリング | Comments(4)

BSモールトン

サイクリング中に後輪の1回転ごとにスポーク部分からキシミ音が出てくるようになりました。いつもしているわけではなく、車体を右側に傾けた時だけです。
ニップルを少しいじってみました。これで様子を見てみます。

ラットエンジニアリングではセンターゲージなんかも作っています。普通に考えれば、買ってくればいいのにわざわざ作る必要はないんですけどね。
でも、こんなモノも自転車の自作と同じで、気に入ったモノを気に入ったように作るのが勉強になっていいと思っています。
e0105001_959811.jpg

[PR]
by rat-eng | 2007-08-11 09:59 | サイクリング | Comments(0)

自転車の自作

自転車の自作で手間がかかるのが板材の加工です。自転車部品にはプレスの部品が多く使われていますが、それらは金型を使った製作になっていて、外形を金型で打ち抜いて、別の金型で曲げ加工をしていきます。数量を作りますので金型加工が常識になっているわけです。
e0105001_1174624.jpg

また、自転車の部品はプレス部品でもカタチがきれいに作られていなければダメで、直線的な切断線は少ない場合が多いです。アールの付いている部品が多い、、、こんなところが手作りや自作の場合はかなり面倒になってきます。

ここでは手作業で切り出した板材を仕上げていく方法をとっていますが、出来てしまえば同じように見える部品でも、「量産」と「手作り」では製作の効率がまったく逆になってしまうこともあるんですね。

もともと「手作り」なんだからアレコレ考えるヒマがあったら手を動かせ! ってことなんですが、、、
[PR]
by rat-eng | 2007-08-10 11:08 | Comments(0)

ミニベロの製作

ちっちゃい自転車だと部材も小さいので作るのはラクですが、雰囲気を大事にしながら形状をまとめていくのがむずかしいです。
e0105001_13353120.jpg

[PR]
by rat-eng | 2007-08-08 13:35 | 作業日誌 | Comments(3)


検索
タグ
ファン
ブログジャンル
画像一覧