人気ブログランキング |

ラットエンジニアリングの作業日誌


自転車、部品の自作レポート
by rat-eng
リンク
フォロー中のブログ
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月

モールトン用の展示スタンド Mタイプ

モールトン自転車用の展示スタンドです。前の案とは違ったカタチにしています。トラスのイメージとかMoultonのMとかを意識したデザインです。
前にも書いた通り、前輪と後輪が接地した状態で展示できないとダメなのでタイアを保持する形式です。片輪が浮いている状態をいつも見ていると、自分の中のイメージが狂ってくる気がしてそれがイヤなんですね。へんなスタンドに立てるくらいだったら使わない方がいいです。
e0105001_1311512.jpg

モールトン自転車そのものが凝った作りで、置いておくだけでサマになる自転車ですから、保管用、展示用のスタンドもそれに見合ったモノが欲しいと思っています。もちろんなるべく「安く」です。
e0105001_13123649.jpg

by rat-eng | 2007-07-23 13:12 | モールトン | Comments(8)
Commented by いしつか at 2007-07-26 15:03 x
こんんちは、 はじめて書き込みます。 こだわりをもって いろいろ製作されていて興味深く 時々 眺めています。 デザインして それを作れる方にあこがれますね。 紙の上では 描くことは出来ても実際のものには出来ない者としては。  製作実物を一度見に行きたいですね。 では-------
Commented by rat-eng at 2007-07-27 11:02
こんにちは。コメントありがとうございます。
金属加工は加工のための機械や道具が必要ですから、なかなかやっかいですね。もっと簡単にモノができれば、、、。

もともとラットエンジニアリングの活動は、モノ作りの現状に対する不満から始めました。 「もっと簡単にモノができないかなぁ」って。

だいぶ前のことですが、思いついたモノをカタチにしようと、町の試作屋さんや鉄工所に行ってみても、お金がずいぶんかかったり、納期で待たされたり、、、、なにより、まともに相手をしてくれないところがほとんどだったんですね。ひどい扱いでした。
現状はアイデアがカタチになるまでのハードルが高すぎるんですね。たぶん 同じ思いを持った方もずいぶんいるんじゃないでしょうか。

準備中の「めぬまのこうば」では、このハードルをとにかく下げたいと思っています。へんなところに頼みに行くくらいなら、、、自分で作っちゃえばいい!!
Commented by いしつか at 2007-07-28 11:37 x
おはようございます。 ---------------へんなところに頼みに行くくらいなら、、、自分で作っちゃえばいい!!-------------ものつくりとは工作機械等いじれないとなかなか出来るものではないですね。 このハードルははかなか高いものがあります。 ---------なにより、まともに相手をしてくれない-------相談というか作りたいと思う気持ちを判って相手をしてくれることは大切だと思います。 では----
Commented by Sho1Go at 2007-07-28 16:58 x
初めまして。Sho1Goと申します。
先日貴ホームページを発見し、古い記事からすこしづつ拝見させていただいてます。
自分にとって夢のような活動をされており、たいへんうらやましい限りです。
ところで、リカンベント3輪実験車なのですが、気になって仕方がないので質問させてください。ステアリングをなぜアッカーマンにしないのでしょうか。
気が向いたらで結構です。よろしくご教授お願いいたします。
Commented by rat-eng at 2007-07-28 17:21
「めぬまのこうば」について書かせてください。

ここではラットエンジニアリングでやっていることを公開したかたちでやっていこうと思っています。一般の製作所は工場の中に入っていくことはできませんし、製作中のモノを見ることもできません。モノ作りの一番おもしろいところは製作している過程だと思っていますので、興味のある人と共有できればさらにおもしろくなってくるはずです。

また自分でも作ってみたい人の手伝いも考えています。まだ細かくは考えていませんが、材料費と消耗品費程度でモノが作れることを目標にしています。機械なども使えるようにして、HPで公開していることは全部できるようにしたいと思っています。自分の失敗例もどなたかの参考になればうれしいですね。工作や技術も共有していくつもりです。

着工は今年の9月末くらいです。
Commented by rat-eng at 2007-07-28 18:19
Sho1Goさま、こんにちは。
あのリカンベントは、、、いろいろ問題がありまして、、、。
ご覧になった通り、ステアリングのリンクはあんまり良くないんですね。ちょっとスペースを小さくしすぎて、あの位置しかリンクが通らなかったものでして、、、。
リカンベントだけでなく、自転車タクシーなども、最初に作るときはギリギリの寸法で作ることが多いです。最小寸法で作ってから、2度目に余裕を持たせながらまとめていくやり方が良いモノができるんじゃないかと思っています。そんな程度の「説明にならない説明」です。
実はあれを書いた時にも気になっていて、どなたかに指摘されるんじゃないかとビクビクしていたんですが、、、、。
Commented by Sho1Go at 2007-07-29 23:02 x
早速のご教授ありがとうございます。良くある事です。納得です。
活動の全体から見れば、微々たる問題と思います。
それこそ重箱のスミで申し訳ありませんでした。
Commented by たかはし at 2007-07-30 09:38 x
変なことをやっていたらどんどん指摘してください。自分の考え方や進め方を公開していけば、それを見た人がいろいろ言ってくださって、話がころがっていくのは面白いです。現物が目の前にあるのに見えないことは良くありますんで、言ってくださると、また考えるきっかけにもなります。
ラットエンジニアリングでの工作を見て「自分だったらこんなやり方で、、」とか「そんなやり方もあるんだね、、」などと思ってもらえばうれしいです。
<< ミニベロ14インチ 自転車の塗装(3) >>


検索
タグ
ファン
ブログジャンル
画像一覧