人気ブログランキング |

ラットエンジニアリングの作業日誌


自転車、部品の自作レポート
by rat-eng
リンク
フォロー中のブログ
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月

リカンベント自転車の製作 縮尺モデルの提示

イメージとしてはこんな感じです。前輪駆動のリカンベント。
最初の想定は18インチでしたが、ベースとなる自転車がなかったので16インチに切り替えました。海外では実績があるようですが、ずいぶん変わった構成なのでうまく走るか興味があります。

このタイプは前輪で駆動するので「自作」に向いていると思っています。リカンベント自転車を自作したい人の参考になるんじゃないかなァ。そんなことを考えて製作を公開することにしました。

今日はこの企画を提案してくださったIさんがいらっしゃいました。状況説明をして、試走は、、、5月末。
e0105001_11264039.jpg
e0105001_11271753.jpg

by rat-eng | 2008-05-17 11:31 | Comments(12)
Commented by ぬうぼマン at 2008-05-17 18:27 x
これは・・・・・・・「PYTHON」ではないでしょうか?
Commented by rat-eng at 2008-05-18 08:56
たしかそんな名前が付いていたようです。
2輪であることや、前輪駆動であることを考えるとリカンベント自転車としては特殊な範囲になってしまうかもしれません。

リカンベント自転車の「自作」に絞って考えると、自作のハードルがだいぶ低くなってくる構造だと思っています。特に駆動部ですね。

あとは、駆動部、シート部、車体の3ピースですから製作もラクになってくるはずです。、、、ということは保管、運搬にもいろいろの工夫が出来そうだ。今考えていることはそんなところです。

肝心の操縦性、安定性はどうかなあ。
Commented by telaviv at 2008-05-18 10:38 x
はじめまして

2年前に似たようなモノを作ってます。
http://doglamagla.hp.infoseek.co.jp/20060207/A.jpg

「操縦性、安定性」は、期待しないほうが良いと思います。
センターステアリングならFLEVOBIKEの形式が最も安定してます。
Commented by rat-eng at 2008-05-18 14:22
コメントありがとうございます。

写真を意見しました。きれいに出来ていますね。作りとしてもまとまっている感じを受けます。自作リカンベントとしては寸法が出し易い、作り易い感じがします。

昨日もIさんと「どんな感じなんだろうね、、」なんて言っていたものですから、、、乗りこなすのに時間がかかるかなぁ。
あんまりクセがあると「自作」の意味も薄れてくるかもしれませんね。

この分野はあんまり知らないので、皆さんにいろいろと教えてもらいたいと思っています。
Commented by I at 2008-05-18 16:05 x
イベントに参加するとリカベントをみますが、大概のリカベントが身長160~165以上となっています。 また、ホールデイング出来る物もSatRdayしか知りません。 要するに、リカベントが欲しいが既製品は乗れない身長では つくるしかないなと、 保管場所を考えると 分割できることが条件、では分割するとなると 前後に分割 チエーンはどうする、いろいろ考えて、インターネットで検索 行き当たったのが ここ「http://www.olafjohansson.com/monty/montypage.html」でした。ブロンプトンと同程度というかブロンプトンをつかって分割できるリカベントが可能となっているので ああ これならば どこかで 製作してくれるのかなと思って相談しました。 インターネットでリンクをたどり、「PYTHON」のページにたどりつき、セルフセンターリングの考え方に興味がわき、 既製品があわないならつくるしかないなです。 telavivさんの” 「操縦性、安定性」は、期待しないほうが良いと思います。”は不安材料ですが、でだしの考え方からすれば何とか実物にのってみて考えたいと思います。
Commented by rat-eng at 2008-05-18 17:05
telavivさんのページの写真を見せてもらったのですが、面白そうなモノがいろいろあって、、、なんかそっちの方に興味を持ちました。

なんかおもしろそう。
Commented by telaviv at 2008-05-18 20:23 x
http://www.python-lowracer.de/pics/Daryl.gif
のイラスト(絵は他の人が描きましたが、文字は私が書き入れました)の「BB-EOS」に注意したほうが良いです。
ここを長めに取ると足が突っ張り、真っ直ぐペダルを踏み込むことが出来ず、ステアリング操作に支障をきたします。

http://www.python-lowracer.de/pics/P4.jpg
http://www.python-lowracer.de/pics/P2.jpg
実際に跨ってシートの高さ及び角度を検討し、上の写真のように両手が地面につくようにすべきです。
両手を地面につくことが出来ないと発進できません。

PYTHONが低いフォルムを持つのは、空気抵抗云々を考慮してではなく、
1) self centering effectを得るため
2) 地面に手が届かないと発進できないから
です。

私は身長が173cmのX-Seamは105cmぐらいですが、この体格だと前輪は16inch(外装変速機を使った場合。内装ならワンランク上げられる)がやっと、地面に手が届くようシートを極力下げる作りにしたので、最低地上高(pivotの下部)が40mmしかありません。
Commented by telaviv at 2008-05-18 20:26 x
http://recumbent_owner.kino.client.jp/HomeBuiltOwner.html
↑のFlevo cloneを2002年に作り、翌年「Kalle fake」を作りました。

公共施設付属の大きな駐車場で練習(200km程度)し、Flevo cloneは街乗りもできるようになりました。
http://telaviv.s56.xrea.com/movie/flevo.wmv
ただし、坂は上りも下りも苦手です。坂のまったくないオランダ向けです。

同じ駐車場を300kmぐらい走りこみましたが、Kalle cloneの公道走行は諦めました。
http://telaviv.s56.xrea.com/movie/kalle.wmv
動画ではちゃんと乗れているように見えますが、これは広い場所だからで、自動車がびゅんびゅん追い抜いていく車道の左端を走れるぐらいの安定性はありません。

PYTHON(2輪)も大きな駐車場で2時間程度練習しましたが、Flevo/Kalleの経験から、公道走行は無理と諦め3輪化しました。
http://www.python-lowracer.de/pics/gallery/Nobuo%20Delta.jpg
(リア2輪はボルトオンなので、2輪に戻すことも可能)

公園バイクとしてではなく街乗りもしたいのなら
http://www.fleettrikes.com/vacuum.htm
トレッドはVacuum Trikeなみに狭くても構わないので、デルタ・トライク化を強くお勧めします。
Commented by rat-eng at 2008-05-19 15:40
たいへん詳細なアドバイスをありがとうございます。
実際に苦労した人じゃないとわからない内容ですね。いただいたコメントの行間に苦労が感じられます。

両手で地面を支えるのも「乗り物」としてどうかなあ、、、などの疑問も持ちます。あとは公園バイクじゃしょうがないだろうな、、、という思いですね。

とにかくベースとなる16インチの新車はフレームを切ってしまった段階なので(気をとりなおして)作ってみます。
やはり公道を安全に走れるリカンベント自転車、、、っていうのが本来の考え方でしょうね。
Commented by telaviv at 2008-05-19 20:22 x
自分も、Flevo clone製作前に海外の関連サイトをいろいろチェックし、「乗り難い」という記述がたくさんあることは把握していましたが、いくら他の人が書いた文章で知識を得ようとも、体験し実感するまで「乗り難さ」が納得できませんでした。

私の技術力と身体能力では2輪のPYTHONで公道走行を行うまでには到りませんでしたが、ラットエンジニアリングさんの技術力があればもしかしたら実用の物と成り得るのかもしれません。

完成を楽しみにしています。

ただあの、もし仮に2輪での運用が難しくても、3輪化すれば公道走行全然OKになりますので、全く無駄になることはありません。その点は安心して良いと思います。

私は現状、リカンベントはPYTHON DELTAしか乗りません。一度この楽さを知ってしまったら、他のリカンベント(トライク)に乗る気は無くなりました。
Commented by 横浜十六吋倶楽部 at 2008-05-20 10:07 x
日曜日は多くのリカンベントを見学してきました。
とても参考になりました。
前輪駆動の16インチリカンベントの発想がすごいですね。
走った感じは、引っぱられるような感覚でしょうね。
モペットのソレックスに乗っていた時期がありましたが、前輪駆動は不思議な感覚でした。
じっくり研究して3ホイールリカンベントを製作したいと思います。
Commented by rat-eng at 2008-05-20 13:34
どうもみなさんありがとうございます。
どんなご意見でも、言っていただくと参考になりますし、なによりはげみになります。
海外の製作者の方々にも感心しています。とにかくカタチにしてみるパワーは見習わなければなりませんね。アタマで考えてもしょうがないです。

ベロソレックスね? アレもすごいもんね。耕耘機!
<< おもしろ自転車製作のつづき リカンベント自転車の製作 >>


検索
タグ
ファン
ブログジャンル
画像一覧