人気ブログランキング |

ラットエンジニアリングの作業日誌


自転車、部品の自作レポート
by rat-eng
リンク
フォロー中のブログ
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月

タグ:自転車自作 ( 260 ) タグの人気記事

ミニベロ14インチの製作

いちおうこんなところで完成としました。700C車輪サイズをスケールにして考えると見当がつくと思いますが、かなり小さくなっているのでまともに乗れる自転車ではありませんが、この自転車をながめているだけで気持ちは「追い風気分」です。
e0105001_13195235.jpg

自分だけの自転車の自作も、「自分が乗ること」を別にして考えると作れるような気がしませんか?
乗れる自転車の自作は、また次のステップで計画して進めていけばいいと思います。
詳しい説明 http://www5e.biglobe.ne.jp/~team-rat/
by rat-eng | 2007-09-07 13:20 | 作業日誌 | Comments(2)

自転車の自作

自転車の自作で手間がかかるのが板材の加工です。自転車部品にはプレスの部品が多く使われていますが、それらは金型を使った製作になっていて、外形を金型で打ち抜いて、別の金型で曲げ加工をしていきます。数量を作りますので金型加工が常識になっているわけです。
e0105001_1174624.jpg

また、自転車の部品はプレス部品でもカタチがきれいに作られていなければダメで、直線的な切断線は少ない場合が多いです。アールの付いている部品が多い、、、こんなところが手作りや自作の場合はかなり面倒になってきます。

ここでは手作業で切り出した板材を仕上げていく方法をとっていますが、出来てしまえば同じように見える部品でも、「量産」と「手作り」では製作の効率がまったく逆になってしまうこともあるんですね。

もともと「手作り」なんだからアレコレ考えるヒマがあったら手を動かせ! ってことなんですが、、、
by rat-eng | 2007-08-10 11:08 | Comments(0)

ミニベロ14インチ

製作中のミニベロも汗でどんどんサビていきます。汗だらだらで作業しているとガンバッテいるようにも見えるので都合のいい場面もありますが、モノがサビるのは困ったものです。このままサビていくと完成時にはサビてなくなっちゃうかもしれませんね。
「汗水たらして、、、」というコトバがぴったり。、、、しかし、汗はわかるけど水っていうのは鼻水のことかなあ、、、まぁそこまではやってないけどね。
e0105001_18551431.jpg

作業日誌報告8月8日の更新のメドがたちました。ずいぶんちっちゃい自転車。ミニベロじゃなくて「チビベロ」だよ。
by rat-eng | 2007-07-31 18:55 | 作業日誌 | Comments(4)

自転車の塗装(3)

これは自作の塗装用簡易ブースです。これをはめ込んで組み合わせると1m角で高さ2mのワクができます。さらにブルーシートをかぶせて、吊るした部品にスプレーします。
組み立てと撤収が早く、バラして保管できるのでけっこうベンリです。
塗料ミストの排出が課題です。
e0105001_16405990.jpg

by rat-eng | 2007-07-21 16:41 | Comments(2)

ミニベロ14インチ

e0105001_9132177.jpg
フレーム色の検討。実車で色変更するのは手間もかかりますが、スケールモデルでの検討は簡単です。
e0105001_9141221.jpg

by rat-eng | 2007-07-18 09:14 | 作業日誌 | Comments(6)

自作、手作りと言えどもジグ?

細かい部品を作ってから溶接して組立品にしていきますが、できるだけジグを作って、それに合わせて溶接したいですね。寸法が合って、キレイにできて、時間のロスも少ない、、、アタマでは良くわかっているが。
自作部品、手作り部品だといちいちジグを作って進めていくのは面倒です。ジグの製作もそれなりに手間がかかりますし、、、でも、ジグを作らないで、作るたびに寸法合わせをしていくのもイライラします。
製作の準備、数量、時間、出来上がり状態、、、を考えたジグの製作はむずかしいです。

少ロット製作では「どこまでやればいいんだろなぁ、、、」なんて悩むことも多いですね。
e0105001_824929.jpg

by rat-eng | 2007-07-15 08:03 | Comments(0)

運搬用自転車を製作

使用目的を持った自転車が好きです。
いろいろと考えて提案していく領域が増えて、実際の部品に作りこんでいくので、製作面からもおもしろいです。そういうところはスポーツ自転車とは違っていますね。
e0105001_18245818.jpg

by rat-eng | 2007-06-09 18:25 | Comments(0)

Kくんの3輪自転車の経過

1月10日で3つのタイアが仮組できました。前後の車輪が入って、自転車が自立した状態です。3日間の正味の実働は13時間。溶接加工も最初はむずかしいかなぁ、と思いましたが、今日の作業ではビックリするくらいきれいに(たまたま)できることがあるんですね。「上達」ってこういうことなのかなぁ、、、と思いました。あと残っている作業は駆動系、ハンドル、その他コマゴマ、、、。塗装から仕上げについては学校でやるそうです。工業デザイン学科ですから溶接や旋盤加工などを経験しても関係ないと思うかもしれませんが、自分の手をよごして経験したことはデザイン、モノ作り作業のどこかで活きてくると思っています。
by rat-eng | 2007-01-11 07:39 | Comments(2)

自転車の自作


(メールでの意見交換から)
モノ作りは何度もスケッチを書いて、イメージを固めるところから進めてみます。細かなところは実際に作ってみなければわからないかもしれませんが、最初のイメージくらいは自分で固めなければ進みませんね。
すばらしいモノ、どこにもないモノが欲しいと思ってみても、いろいろ聞いてみると、しっかりとした考えがない場合が多いです。アタマで考えるよりも、紙の上でいいからカタチにしてみることです。最初はアイデアスケッチを書いて自分のイメージを何度も確認することですね。ラットエンジニアリングでも落書きのようなスケッチをノートに何ページも書くところから始めます。
by rat-eng | 2006-10-31 18:07 | Comments(0)

自転車の自作

(メールでの意見交換から)
自分の経験からいえば、こういう製作は失敗がつきもので、最初から立派な、見栄えのするものを作ろうとは思ってもうまくいきませんから、失敗を前提にして進めていくほうが良いと思います。最初はなかなかモノになりませんからね。
つまり、なるべく「お金のかからない方法」で製作していくべきです。最初からお金をかけて製作していくと長く続きませんし、失敗したときのダメージも大きいですからね。

自分のイメージ通りの自転車をいきなり作るのではなく、格安リサイクル自転車などの改造からやっていけばいいと思います。1台用意して、フレームを切ったり、溶接したりして組み合わせていくわけです。売るわけではありませんから寸法などは目見当でもいいかもしれませんね。
こんなことを何度もやっていくと、スクラップの山が出来る!、、、ではなく、、、だんだん加工が手慣れてきますから、それから次を考えていけばいいわけです。

「モノ作りが好きで、長く続けること」がいちばん大切ではないでしょうか。
by rat-eng | 2006-10-25 10:31 | Comments(0)


検索
タグ
ファン
ブログジャンル
画像一覧